• ホーム
  • 仕手株の株価が動く仕組み

仕手株の株価が動く仕組み

たくさんお金の束

仕手株となる銘柄は、経営があまり良くなく、株価が長期的に低迷しているものが多いです。
仕手筋はこのような銘柄に目をつけて少しずつ買い集めていきます。
一気に買い集めるのではなくて、買い集めていることが分からないように買い集めていきます。
この段階では株価が上昇しないように、時には不利な情報を流し、あるいは見せ板で売りが強いと思わせたりします。

そして、多くの投資家を巻き込んで株価を上昇させるのですが、その際には投資顧問などが用いられるようです。
投資顧問を用いて良い材料を流し、仕手株の買い注文を集めていきます。
そして、ある程度集まってくれば、一気に買い上がります。
この段階では急上昇ランキングや出来高ランキングなどにランクインし、それによってさらに買い注文を集めるのです。
最近ではネット上に色々な情報を流して個人投資家の買いを集めるといった手法も用いられているようです。

不自然に株価が上昇すると売り圧力に負けることもありますし、警戒心が生まれることもありますから、上がりすぎると調整局面を作り出します。
こうすることによって空売りを呼び込み、次の上昇で踏み上げを誘発します。
踏み上げによってさらに上昇させれば、利益の出たところで売り逃げます。
かなり早い段階で売り逃げているとも言われることが多いです。
その後も一般投資家によって取引がなされて上昇を続けることが多いようです。

仕手株はファンダメンタルズに基づいて上昇するわけではありませんから、買い注文がなくなればもちろん元の状態に戻ります。
もともと出来高の少ないものが仕手株として用いられていますから、板は非常に薄くなり、下げるときも勢いよく下げる傾向があります。